考古学

古代離宮の姿浮かぶ - 天皇の居住空間か/宮滝遺跡

奈良時代前半の吉野宮・吉野離宮の中心的な建物(写真中央付近)と考えられる遺構が見つかった宮滝遺跡(吉野町教育委員会提供) 拡大

 吉野町宮滝の宮滝遺跡で見つかった奈良時代前半の大型掘っ立て柱建物―。専門家らは聖武天皇らが行幸した「吉野宮・吉野離宮」の中心的な建物とみて、さまざなま思いをめぐらせている。

 大型建物は東西9間の四方に庇(ひさし)を持つ建物だった。柱間間隔など規模はやや小さいものの、平城宮の儀礼的空間の大極殿や天皇が住む内裏正殿でも採用された、当時最高位の格式と考えられる。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

屋久杉の夫婦箸

プレゼント写真
提供元:恵命堂
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド