考古学

邪馬台国 畿内説後押し - 西暦135年~230年と判明/纏向遺跡のモモの種、年代測定

纏向遺跡で出土したモモの種 拡大

 邪馬台国の有力候補地とされる桜井市の纒向遺跡で出土したモモの種を放射性炭素年代測定したところ、西暦135~230年と判明したことが14日分かった。女王・卑弥呼(248年ごろ没)の年代と重なり、邪馬台国畿内説を補強する成果となりそうだ。

 成果は同市纒向学研究センターの研究紀要に掲載された。

 市教委は平成22年に遺跡の中枢とみられる大型建物跡(3世紀前半)の南側にあった穴から約2800個のモモの種などを発掘した。

 このうちランダムに選んだ15個を中村俊夫名古屋大名誉教授が測定。測定できなかった3個を除き、西暦135~230年のものと分かった。元徳島県埋蔵文化財センターの近藤玲氏を通じて山形大が行った測定でも同様な結果が出た。

 纒向遺跡には、卑弥呼の墓説がある箸墓古墳(3世紀半ば)があり、平成21年には大型建物跡も見つかり、邪馬台国の有力候補地。大型建物などは出土した土器の形から年代が推定されていたが、科学的な年代測定法でも同様な年代と判明したことで邪馬台国畿内説を後押しする材料となりそうだ。

 穴は建物南側にあったとみられる柵を取り外した後に掘られたらしい。モモは古代では不老長寿や魔よけの果物と考えられており、祭祀(さいし)に用いられた可能性がある。

 寺沢薫・同研究センター所長は「纒向遺跡は4世紀とする説が一部であるが、複数機関による高精度の分析で3世紀である可能性が高まった。魏志倭人伝に書かれた卑弥呼の時代と一致しており、これまでの調査成果と合わせて、纒向遺跡が邪馬台国であるというわれわれの主張に沿う」と評価している。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

全日本空手道選手権大会の観戦招待券

プレゼント写真
提供元:全世界空手道連盟新極真会
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド