考古学

東大寺山古墳 伝わる発見時の驚喜 - 故金関さんの調査日誌

金関さんが記した東大寺山古墳発掘調査の日誌=奈良市登大路町の県立美術館 拡大
東大寺山古墳で出土した青銅製環頭の模造品=同 拡大

 今年3月に亡くなった考古学者の金関恕(ひろし)・天理大学名誉教授が、中国の年号「中平」の銘文がある鉄刀(国宝)で有名な東大寺山古墳(天理市櫟本町)の発掘の際に記した調査日誌が、奈良市登大路町の県立美術館で展示されている。日誌には他の類例のない「青銅製環頭」が出土した時の記述もあり、重大な発見に沸く現場の様子が伝わってくる。6月24日まで。

 東大寺山古墳は4世紀後半に築造された全長約130メートルの前方後円墳。昭和36~37に発掘調査が行われ、石製品や刀剣、青銅製の飾り金具などが多数出土した。鉄刀の銘文に刻まれた中国・後漢の年号「中平」は、女王卑弥呼が治めた邪馬台国と同じ時代にあたり注目を集めた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第43回定期演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:奈良フィルハーモニー管弦楽団
当選者数:3組6人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド