総合

市長選、3新人舌戦 - 宇陀市W選告示

市長選候補者の出発式で気勢を上げる支援者=15日、宇陀市内 拡大

 任期満了に伴う宇陀市の市長選挙と市議会議員選挙は15日、告示された。市長選は現職の竹内幹郎氏(69)=無所属=が引退するのを受けて、前市議の勝井太郎氏(39)、元市議の高見省次氏(57)、前市議の西浦正哲氏(62)のいずれも無所属の新人3人が立候補、三つどもえの舌戦に突入。一方、市議選は定数14に対して17人が出馬。急速に進む人口減少や少子高齢化の対策が喫緊の課題となる中、地域活性化に向けた市長、市議W戦がスタートした。

 市長選に立候補した3人はいずれも市議経験者。引退する現職竹内氏の2期8年間の市政に対しては、西浦氏が「いいところは継承したい」として一定程度、評価するのに対して高見氏は「最重要施策を実行する力がない」、勝井氏は「市役所の体質改善が必要」と批判的なスタンスを取る。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド