経済

車いすのまま乗車OK - 県内初JPNタクシー/奈良近鉄タクシー

テープカットする古川社長(右端)と菊池社長(左端)ら=11日、奈良市大安寺1の奈良近鉄タクシー本社 拡大
車いすで新型車に乗り込む古川社長=11日、奈良市大安寺1の奈良近鉄タクシー本社 拡大

 奈良近鉄タクシー(奈良市、古川俊男社長)は、トヨタ自動車のタクシー向け新型車「JPN(ジャパン)タクシー」を県内で初めて採用し、11日、運行を始めた。導入した3台は奈良、生駒、橿原各市内で営業。平成30年度中に、さらに10台を追加する予定にしている。

 車高が高く低床のワゴン型の同車は、32年の東京五輪・パラリンピックを念頭に、タクシー向け車両として約20年ぶりに開発。高齢者や車いす利用者、子供など、だれもが使いやすい「ユニバーサルデサインタクシー」として国の認定を受け、リアの電動スライドドアの開口部が広く、車いすのまま乗降できるなどの特長がある。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

万博誘致応援ラベルの「午後の紅茶」

プレゼント写真
提供元:キリンビバレッジ
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド