社会

画家・熊谷守一が弔文 - 志賀直哉死後、妻宛て

志賀直哉の死後、熊谷守一から送られた弔文の書簡 拡大

 白樺派を代表する作家・志賀直哉(明治16~昭和46年)の死後、親交があった画家・熊谷守一(明治13~昭和52年)から志賀の妻に宛てた弔文の書簡が見つかり、10日、奈良市高畑町の志賀直哉旧居を管理する奈良学園に寄贈された。2人の親交の深さをうかがわせる資料。奈良学園は旧居での公開を検討している。

 書簡は志賀が亡くなった約1カ月後の昭和46年11月24日付で、当時91歳だった熊谷が志賀の妻、康子さんに送った。縦約18・5センチ、横約42・5センチの和紙に「拝呈 御主人様 御他界の由まことに淋(さび)しい事で御座います 故人の御冥福を御祈りいたします」と毛筆で書かれていた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介