経済

「いちじくグラッセ」商品化 - 甘過ぎずさっぱり/大和郡山「ひかり園のぞみ」

「いちじくグラッセ」をアピールする福祉作業所のメンバー=5日、大和郡山市北郡山町の市役所 拡大

 大和郡山市発志院町の福祉作業所「ひかり園のぞみ」の施設利用者と職員が、同市の特産品のイチジクを使ったスイーツ「いちじくグラッセ」を完成させた。今月5日には、同市の上田清市長に商品を届けてPRした。

 全国7位の生産量を誇る県産イチジクの加工技術を、県農業技術開発センター(桜井市)が開発。その基礎技術を活用し、同施設のメンバーが商品化を実現した。

 商品は冷凍したイチジクを砂糖や赤ワイン、レモン果汁で煮詰め、乾燥させたもの。さわやかな甘さと、さっぱりした後味の飽きのこない商品に仕上がった。また、パッケージには同市特産の金魚をあしらい、土産物としても魅力のあるものになっている。

 同日、施設利用者らが市役所を訪問。上田市長に完成した商品をプレゼントした。

 同作業所の林佐知さん(46)は「赤ワインと砂糖がうまく合った。甘過ぎず、食べやすい」とアピール。試食した上田市長も「じわっとイチジクの甘みが出てくる。癖になりそう」と味に太鼓判を押した。

 同商品は1個入り200円(税込み)。約2個分をカットしたタイプは380円(同)。同市の柳町商店街にあるアンテナショップ「さくら倶楽部」で、4月中旬からの販売を予定している。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報