総合

「奈良時代」体感を - 「朱雀門ひろば」オープン/平城宮跡歴史公園

オープンした平城宮跡歴史公園の朱雀門ひろば。復元された遣唐使船をバックに太鼓演奏なども行われた=24日、奈良市の平城宮跡歴史公園朱雀門ひろば 拡大

 世界遺産の平城宮跡歴史公園(奈良市)の玄関口となる「朱雀門ひろば」が24日完成し、この日オープンした。この日、午前11時から午後5時までの間に約1万1千人の来場者でにぎわった。

 「奈良時代を今に感じる」をコンセプトに、朱雀門南側の8・7ヘクタールを国と県が一体となり整備を進めていた。

 復元整備された朱雀大路や二条大路、シンボルとなる復元遣唐使船のほか、ガイダンス施設の「平城宮いざない館」やこれまでになかった食事、休息、物販などの施設や「交通ターミナル」も設けられた。

 この日、午前から小林茂樹衆院議員や奥野信亮衆院議員、佐藤啓参院議員、仲川元庸奈良市長をはじめとする来賓や関係者ら約250人を集めて開園式(国土交通省近畿地方整備局、県主催)が、同公園朱雀門ひろばで行われた。

 主催者を代表し国土交通大臣政務官の簗和生氏と荒井正吾県知事があいさつ。簗政務官は「平城京の中心が奇跡的に残ったのは先人のおかげ」と感謝し、荒井知事は「ダイナミックに復元ができると思い国営公園化を持ちかけたが、多くの人にお世話になり復元がかなった」とあいさつした。

 式では万葉歌や古事記に曲をつけ歌う「万葉小楽師」による同公園のイメージソング「奈良の都」を発表。続いて知事ら主催者や来賓によるテープカットが朱雀門前で行われオープンを祝った。

 またこの日、開園を祝う記念イベントが同公園で行われ、立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」のミニ試乗会など、さまざまな体験イベントや音楽劇・散楽SUPER天平楽「奈良時代・天平文化の幕開け」などが行われた。 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第3回入江泰吉記念写真賞受賞記念「真鍋奈央『波を綴る』展」/入江泰吉写真展「奈良の世界遺産」

真鍋奈央の作品
提供元:入江泰吉記念奈良市写真美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報