社会

「県の民謡」を熱唱 - 愛好家240人参加/天理で全国大会

県の民謡を発表する出場者=18日、天理市川原城町の市民会館 拡大

 第24回県の民謡全国大会(同実行委員会・日本民謡県連合会主催、奈良新聞社など後援)が18日、天理市川原城町の市民会館で開かれ、県内外の愛好家約240人が参加した。

 出場者は県の代表的な民謡である「吉野筏流し唄」「元唄吉野木挽(こびき)唄」「奈良子守唄」「初瀬追分」「吉野木挽唄」から1曲を選んで発表。各曲の成績上位者計12人は決勝の部に進み、総合優勝を目指して競い合った。中学3年生までが対象の少年少女の部コンクールもあり、17人が出場した。成績上位者には賞状とトロフィーが贈られた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドラマー平井景の帰郷ライブの招待券

プレゼント写真
提供元:ブライトサンズレコード
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド