総合

県「働き方改革」加速 - 成果さらに推進

 県は、職員の多様な働き方を認めたり、勤務時間の短縮を図るなど「働き方改革」を進めるため、来年度予算案に1億8400万円を計上した。平成26年度から進めている改革の一環で、来年度から取り組みを加速する。場所を選ばずに働ける「テレワーク」の本格運用や県庁版の「フレックス制度」など、行政の効率化、県内の先進事例としても成果が注目される。

 県は昨年7月、橿原市常盤町の県橿原総合庁舎2階に執務スペースを設置、試験的にテレワークを実施した。室内に職員が自由に使えるパソコン2台と印刷機1台を設置。昨年7月から今年1月末までの間に延べ45人の県職員が利用した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド