社会

奈良市長、再公募「問題なし」 - 新斎苑DBO事業者選定

 奈良市の新斎苑(火葬場)整備で、DBО事業者の再公募を短期間で実施、事業者を決めた市に対し、議会の攻勢が続いている。7日の3月定例会でも、松石聖一氏(市民の声奈良)らが「競争性・公平性は担保されたと言えるか」と追及。ただ仲川元庸市長は「1回目の公募の提案グループと2度目で選定されたグループ社は異なる」などと答弁、問題はないとする認識で、強気の構えを崩していない。

 代表質問で松石氏は市が基本計画に盛り込んでいた仮設橋を一方的に条件から削除し、2度目の公募で自由提案としたのは「これまでの説明と違う。議会軽視ではないか」と市の姿勢を質した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド