社会

「奈良」を伝えます - セトレならまち/ 11月、猿沢池畔に

11月1日開業予定の「セトレならまち」外観イメージ図(ホロニック提供)。手前左は吉田屋旅館 拡大

 奈良市高畑町の猿沢池畔にある吉田屋旅館の別館跡地に建設中の地域密着型コミュニティホテル「セトレならまち」(客室数32室)が11月1日に開業を予定している。10月に行われる興福寺中金堂落慶法要に合わせてオープン。県産食材を使ったレストランや奈良の伝統産業が体験できる部屋などを整備。共有スペースや客室の家具には県産のヒノキや杉を使用する。

 同旅館が昨年12月に着工していた。「セトレ」ブランドで同様のホテルを兵庫、滋賀、長崎3県で展開する「ホロニック」(神戸市)が運営する。同ブランドホテルとしては5施設目。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カメラムック「花の新しい撮り方」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド