総合

一歩ずつ春の気配 - きょう啓蟄

赤く色づきふくらみ始めた早咲きのサクラの花芽=5日、奈良市水門町の依水園 拡大

 きょう6日は二十四節気の一つ、啓蟄(けいちつ)。暦の上では冬ごもりをしていた虫が、土の中からはい出てくるころとされる。ツクシが顔を出し、ヤナギなども芽吹きの時を迎える。

 奈良市水門町の名勝・依水園では5日、早咲きのサクラの花芽が、ほんのり赤く色付き始めていた。庭園ではアセビやウメが見ごろを迎え、モクレンやコブシも花芽が膨らみを増している。

 園内にある寧楽美術館では14日から18日まで各分野の匠(たくみ)の作品を集めた「奈良工芸の粋」展が行われる。このころには早咲きのサクラもいよいよ開花か。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド