総合

持続可能な体制構築 - 機能分化「奈良方式」/第7次県保健医療計画案

 県は、平成30~35年度の6年間を期間とする第7次県保健医療計画案をまとめた。県地域医療構想(28年3月策定)の実現への取り組みや地域包括ケアシステム構築に向けて新たな対応を追加。「断らない病院」「面倒見のいい病院」をキャッチフレーズに、急性期から慢性期までの病院機能の分化・連携、在宅医療の充実、医療と介護の連携強化、医療の質の向上などを政策目標に掲げた。3月末までに策定する。

 先月開いた県医療審議会(会長・細井裕司公立大学法人県医科大学理事長、16人)で提示した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド