総合

観光と地域振興で指針 - 周遊と滞在、一体/県会代表質問

 県議会の2月定例会は1日、本会議を再開し、米田忠則氏(自由民主党)、奥山博康氏(自民党奈良)、清水勉氏(日本維新の会)の3人が代表質問を行った。この中で荒井正吾知事は、来年度に観光振興とまちづくりのビジョンを策定する方針を答えるとともに、周遊型と滞在型を合わせた県観光の推進に意欲を示した。

 米田氏は30年度予算案やインバウンド(訪日外国人客)観光推進策について県の考え方を質問。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド