考古学

空洞判明、埋葬施設か - 素粒子ミューオンで内部調査/斑鳩・春日古墳

ミューオンを使って透視した春日古墳の内部。中心部の黒い部分が埋葬施設とみられる空洞=県立橿原考古学研究所など提供 拡大

 斑鳩町法隆寺西1丁目の春日古墳(6世紀後半から7世紀初め)で、宇宙から地球に降り注ぐ素粒子「ミューオン」を使って墳丘内部を調査した結果、埋葬施設とみられる空洞があることが分かり、県立橿原考古学研究所や同町教育委員会などが27日、発表した。同古墳は未盗掘の可能性が指摘されているが、発掘調査が行われたことがなく、内部構造は分かっていなかった。未調査の古墳でミューオンを使って埋葬施設が確認されたのは初めてで、他の古墳への応用も期待される。

 同日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所で開かれた同町教育委員会の春日古墳調査検討委員会で、調査を担当した石黒勝己・同研究所特別研究員が報告した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド