総合

神々呼ぶ音 一斉に - 貝の吹合わせ/お水取り2018

ほら貝を吹く練行衆=26日、奈良市雑司町の東大寺 拡大

 東大寺二月堂の修二会(お水取り)では練行衆全員がほら貝を持ち、3月1日からの本行中、神々を呼び寄せるために毎夜吹かれる。26日夕には、前行中の練行衆がほら貝の稽古を行う「貝の吹合わせ」があった。

 午後6時ごろ、平衆(ひらしゅ)と呼ばれる平役の練行衆7人が大広間の縁側に集合。一列となってほら貝をいっせいに鳴らすと、夕闇が迫る夜空に「ブォー」という音が響いた。

 前行は「試別火(ころべっか)」を経て26日からはより規則が厳しい「総別火」となり、外出のみならず地面に足を付けることも許されない。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カメラムック「花の新しい撮り方」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド