社会

文化の多様性理解を - 「日本ESD学会」など近畿研究会

世界遺産教育について講演する西山要一名誉教授=12日、奈良市高畑町の奈良教育大 拡大

 持続可能な開発のための教育(ESD)を推進する日本ESD学会などは12日、奈良市高畑町の奈良教育大学で、1回目となる近畿地方の研究会(同実行委員会など主催)を開いた。県内外の教育関係者ら約100人が参加。記念講演や研究発表などを通して歴史文化遺産教育の活用事例などを学んだ。

 記念講演には奈良大学の西山要一名誉教授が講師に招かれ、「世界遺産から学ぶ歴史と文化そして未来社会の創造」をテーマに講演。各国の世界遺産の事例や問題点などを紹介し、文化の多様性を認め合うことの重要性や世界遺産を活用した教育の実践方法などを紹介した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド