総合

岩肌圧巻 厳冬アート - 川上の氷爆

連日の厳しい寒さで氷結した岩肌=川上村の大峰山系 拡大

 川上村の大峰山のふもとに高さ10メートル、幅20メートルに達する大規模な氷瀑(ひょうばく)が出現している。滝がある場所ではなく、岩肌から染み出る雨水が凍り、時間をかけて徐々に成長したという。見上げると無数のつららが重なり、圧巻の光景が広がる。

 氷瀑を訪ねるトレッキングツアーを実施する「ヨイヨイかわかみ」によると、例年1月から2月末までの2カ月間に観察できる。関西最大級の規模で「大峰アイスガーデン」として知られるという。

 休日を中心にアイスクライム愛好家が訪れるが、氷瀑のある場所は私有地のため地主の許可を得たトレッキングツアーでの入山が必要。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

人気小説「利き蜜師物語」の最終巻

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド