社会

子育ての意識改革を - 橿原で「ならボランティア研修集会」

子供を社会で育てる必要性を語る徳丸さん=10日、橿原市大久保町の県社会福祉総合センター 拡大

 ボランティアを通じた地域の課題解決を考える集い「ならボランティア研修集会」(県ボランティア連絡協議会、県社会福祉協議会主催)が10日、橿原市大久保町の県社会福祉総合センターで開かれた。約200人の参加者が、大阪市で貧困家庭をサポートするNPO法人「大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO)」代表の徳丸ゆき子さんの記念講演に聴き入った。

 シングルマザーの徳丸さんは自身の経験を振り返りつつ、日本の子供の相対的貧困率が平成27年に13・9%とOECD(経済協力開発機構)諸国の中で高い水準の一方、公的教育費の支出額がOECD平均を大きく下回って家計の大きな負担となっている現状を紹介。「日本の制度はあまりにお粗末。子育てを親だけの責任とする意識を変える必要がある」と指摘した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ギターとチェンバロの演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:テーネ・ザール
当選者数:6人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド