社会

幻想的な冬の古都 - 14日まで奈良公園で「瑠璃絵」

冬の古都を彩る「なら瑠璃絵」=8日、奈良市春日野町の奈良春日野国際フォーラム 拡大

 冬の古都を明かりで彩る第9回しあわせ回廊なら瑠璃絵(同実行委員会主催)が8日、奈良市春日野町の奈良春日野国際フォーラムを主会場に奈良公園一帯で始まった。14日まで。

 会場には外国人観光客らの姿も多く見られ、発光ダイオード(LED)などを使って青や水色、白色に輝く幻想的な空間を楽しでいた。また前庭には飲食ブースが設けられ、にぎわった。

 会期に合わせて夜間特別拝観を実施する春日大社、東大寺、興福寺の3社寺を「光の回廊」でつなぐ。点灯時間は午後6~9時。雨天決行で荒天時は中止。

 大阪府堺市から来た高井大輔さん(28)と同市内の藪琥珀さん(27)は「透き通った冬に輝く明かりは、とても美しく魅力的でした」と話していた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド