経済

景況感、3期連続改善 - 昨年10~12月期の県内企業動向

 南都経済研究所(奈良市、嶌川安雄理事長)が2日までに発表した昨年10~12月期の地元企業動向調査結果によると、県内企業の景況感DI(指数=全産業)は前期(昨年7~9月)より17・5ポイント上昇の8・5となった。3期連続の改善で、プラス圏に浮上した。

 同研究所は「国内企業の輸出や設備投資の好調を背景に、製造業ではプラスチック製品などで、非製造業では運輸業で景況感DIが高い水準になっている。インバウンド(訪日外国人)と秋の観光シーズンでホテル、旅館も好調」と分析。来期(1~3月)は人件費や運賃、仕入れ価格の上昇などで、15・2ポイントダウンのマイナス6・7に転じると予想している。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド