総合

市の手法に異論噴出 - 奈良市新斎苑 事業者再公募

 奈良市議会の市民環境委員会(鍵田美智子委員長)が26日、開かれ、同市が新斎苑(火葬場)整備の事業者を選定する2回目の公募型プロポーザルを、1回目の「不調」を公表してわずか3日後の今月22日に行った手法に関し、極めて短期間での公募となるなど「公正な入札(選定)になるのか」など厳しい意見が相次いだ。事業者選定は、設計・施工から維持管理を含め来年度から向こう18年間の施設運営に関わるDBO事業者(共同企業体=JV)を決定する。2回目の日程は、来月19日の提案書締め切りから実質1週間程度で市の選定委員会が優秀交渉権者を決定するスケジュールになっており、厳正審査を危ぶむ声がある。

 井上昌弘氏(共産党)は、公募日程が前回の85日間から29日に大幅短縮された上、現地見学会等の日程も削除されているなど「前回公募で参加申請していた3JVに極めて有利で、事実上新規参入を排除するもの」と指摘した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド