総合

4月から養成講座 - 奈良いのちの電話協会

 自殺予防などを目的に年間を通じ、24時間体制で悩みの電話相談に応じている社会福祉法人「奈良いのちの電話協会」(小林茂樹理事長)で、ボランティアの相談員が減少している。現在、相談員は約180人とピーク時の半数程度。研修を受ける必要があり、時間的制約など負担も大きいというが、同協会は「社会貢献活動で、やりがいもある。聞き上手にもなれる」と、相談員の募集を呼び掛ける。

 同協会は昭和54年11月に発足。全国で8番目の開局となった。相談員は5交代制で、常時2、3人を配置して24時間態勢で電話に対応している。これまでの延べ相談員数は1200人を超えており、平成11年には338人の相談員が活動していた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド