総合

市会に疑問の声も - 奈良市新斎苑DBO再公募

 奈良市が再募集を開始した新斎苑(火葬場)整備のDBO事業者の公募は、経費縮減を図る道路設計の変更案などが示されたこともあり、市議会からは「安全性に問題はないのか」など疑問の声が出ている。再公募は「競争性確保のためにも妥当」とする声がある一方、仲川元庸市長側から十分な事前説明がなく、「唐突」と受け止めた議員もおり、「前回の入札不調の原因をきちんと分析すべき」(市民の声奈良の松石聖一幹事長)とする意見も。今後の新斎苑事業の実施に当たっては透明性確保へ、特別委員会設置を求める意見が一段と強まりそうだ。

 奈良市横井町の山林を計画地とする新斎苑事業は、設計・施工と施設完成後15年間の運営維持管理を一括して民間発注する。総事業費は76億円。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド