総合

平安後期の古伯耆 - 安綱作の可能性/春日大社の太刀

日本刀の形が成立した時期に作られたことがわかった古伯耆の太刀=22日、奈良市春日野町の春日大社 拡大

 奈良市春日野町の春日大社(花山院弘匡宮司)は22日、宝庫に伝わった太刀1振りが、平安時代後期(12世紀中~後期)の伯耆(ほうき)国(鳥取県)で作られた「古伯耆」と呼ばれる日本刀だったことが分かったと発表した。刃と峰の間にある山形の線「鎬(しのぎ)」や「反(そ)り」がついた日本刀では最古級。「天下五剣」に数えられた名刀「童子切」(国宝)で有名な刀工・安綱が作った可能性もあるという。30日から同大社国宝殿で展示される。3月26日まで。

 春日大社によると、太刀は昭和14年の宝庫解体修理時に天井裏で発見され、重要美術品の指定を受けた太刀5振のうちの1振り。昨年、刀身を研磨してさびを落として調査した。

 刀身は82・4センチと長く、反りの形状や刀剣の表面に表れる木目のような肌模様の「地鉄(じがね)」などの特徴から、平安時代後期ごろの日本刀の最初期に備前国(岡山県)などと並ぶ生産地だった伯耆国に作られたと推定される。

 銘がないために作者は分からないが、反りのない直刀からの過渡期の特徴を持つ刀身の古さや、熱した刀身を冷やすときにできる「刃文」の模様などから安綱の可能性もあるいう。安綱の代表作「童子切」は平安時代の武将源頼光が大江山(京都府)の鬼・酒呑童子を退治したときに用いたとの伝説が残る。

 また、柄や鞘(さや)などの刀装は「黒漆山金作」という中世の武士が常用に用いたもので、平安時代から続く武家が南北朝~室町時代初期に春日大社に奉納したとみられる。調査した東京国立博物館の酒井元樹主任研究員は「最初期の日本刀が製作当初の姿で伝えられており貴重。古伯耆は類例が少なく検討の余地はあるが、部分的には安綱の特徴を有している」としている。

○花山院弘匡宮司の話

 春日の宝物は「平安の正倉院」と言われ、本殿や宝庫に神様のお道具として1000年間残った「タイムカプセル」。当時、最高の物を持っていた人が納め、春日の神様へ強いご加護を願う気持ちが太刀に表れている。数多くの人にご覧いただいて、日本刀の歴史を考えてほしい。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

人気小説「利き蜜師物語」の最終巻

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド