総合

来年度が「正念場」 - 陸自駐屯地誘致

 県が大規模・広域災害対応に不可欠として誘致活動を展開している陸上自衛隊駐屯地で、平成30年度政府予算案に、県が整備する広域防災拠点(五條市)の検討に引き続き協力するための調査費として約200万円が計上された。県が誘致に本腰を入れ始めてから10年。安倍晋三首相が表明した防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」の改定が30年度末とされる中、県は「5カ年の中期防衛力整備計画も本年度が最終年度。新しい防衛大綱や中期防にきちんと位置づけられるかどうか、正念場の年」(防災統括室)として、荒井正吾知事を先頭に国への働きかけを強める構えだ。

 政府の新年度予算で確定すれば、同調査費は5年連続の計上となる(平成26年度=約100万円、27年度=約400万円、28年度=約400万円、29年度=約200万円)。荒井知事は「今後とも防衛省が行う候補地の調査に協力するとともに、関係機関一体となって要望を続けたい」と誘致実現に意欲を示す。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド