スポーツ

30位台復帰が目標 - 全国都道府県対抗女子駅伝

30位台復帰を目指す県チーム 拡大

 皇后盃第36回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会は14日、京都市西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に47都道府県の代表が参加して9区間42・195キロで争われる。県チームは第33回大会から40位台と低迷しており、今大会も30位台復帰が目標となる。

 1区(6キロ)は昨年の秋から5千、1万メートルで自己ベストを次々と更新している西川真由(順天堂大)が務めることになりそうだ。パワフルな走りを見せており、勢いに乗って20位台を確保したい。2区(4キロ)は上田雪菜(筑波大)。1区の勢いをそのまま3区に渡せるか。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「リカちゃんからのお手紙」の申し込みクーポン券

プレゼント写真
提供元:イクスネット
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド