社会

教員悲鳴 ブラック部活 - やりがいあるけど体もたぬ

 「部活動がしんどい」―。この声は生徒ではなく、教員側からの訴えだ。休日返上など過度な部活動指導に起因する教員の長時間労働が、ブラック企業ならぬ“ブラック部活”を生み出している。県高校教職員組合が実施したアンケートでも、部活動での指導や引率を負担と考えている教員は2割を超える。県教委も負担軽減のために週1日以上はクラブ活動を必ず休むよう県立学校などに文章で通達した。県は「働き方改革」に取り組んでいるが、これまで黙認されていた教員と部活動のあり方が問われはじめている。

▽教員は休めない

 「1日も休めない月がある。やりがいはあるが、体がついていかない」。県内の公立中学校で陸上部顧問を務める30歳代の男性教諭はこう嘆く…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「リカちゃんからのお手紙」の申し込みクーポン券

プレゼント写真
提供元:イクスネット
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド