総合

知事「奈良らしさ発見、開発」 - 県庁仕事始め式

幹部職員を前に年頭のあいさつをする荒井知事(左端)=4日、県庁 拡大

 官公庁や企業などで4日、仕事始め式が行われ、奈良市登大路町の県庁では、荒井正吾知事が幹部職員約150人を前に年頭のあいさつをした。

 知事は今後の「奈良らしい発展」を目標に掲げた上で「埋もれ、隠され、崩れている奈良らしさがまだまだある。それを発見・開発して立て直していくには努力が必要」と強調。「改めて謙虚な気持ちで取り組み、努力が実る巡り合わせになってきていると信じて一年を励もう」と呼び掛けた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大正ロマン昭和モダン」展の招待券

プレゼント写真
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド