総合

要求総額 5125億円 - 前年度比346億円増/県新年度予算

 県は、平成30年度一般会計予算編成に向けた各部局の予算要求状況をまとめ、公表した。要求総額は5125億円で、前年度比346億円(7・2%)増。奈良市の県営プールなど跡地に建設するJWマリオットホテル周辺の整備事業に伴うコンベンション施設の建設など(約50億2400万円)が増加要因とみられる。今後、知事査定などを経て予算案を編成し、県議会の2月定例会に提出する。

 要求状況では、同ホテル周辺整備事業のほか、県庁東側で建設が進む登大路バスターミナルや、奈良市高畑町に整備する宿泊施設など奈良公園内の施設向上事業(約26億3200万円)、天理市で平成33年度開園を目指す県国際芸術家村(仮称)の整備事業費(約7億5300万円)などが歳出を押し上げた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大正ロマン昭和モダン」展の招待券

プレゼント写真
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド