総合

おいしくなあれ - ミカン熟成中/明日香

薄暗い蔵の棚いっぱいに並ぶミカン=26日、明日香村平田の幸田さん方 拡大

 江戸時代からミカンが栽培されてきた明日香村で、来年1月から出荷される晩成(おくて)ミカンの熟成が行われている。

 明日香村平田の農業、幸田誠己さん(68)方でも、木造の蔵で「本貯蔵」と呼ばれる熟成の真っ最中。熟成により酸味が強いとされる晩成ミカンが、甘味と酸味の調和した、よい味になるという。

 「今年は長雨の影響で日照が少なく影響が気になったが、味は悪くない」と幸田さん。このミカンは3月上旬ごろまで、村内の直売所などで販売される。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大正ロマン昭和モダン」展の招待券

プレゼント写真
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド