経済

SNSで商店街活性化 - 話題集めて情報発信

和菓子店で取材する高校生=大和高田市片塩町の片塩商店街 拡大

 大和高田市の高校生らが市内の片塩商店街で見つけた話題を、SNS(会員制交流サイト)のフェイスブックで発信し、商店街を活性化するプロモーションに取り組んでいる。12月中旬には、市立高田商業高校の生徒らが同市片塩町の同商店街を訪問し、店を取材したり、店主らにアンケートをするなどして話題を収集。高校生らは地元の商店街のいい所を県内外に広めたいと意気込んでいる。

 「ふるさと財団」(地域総合整備財団、東京都千代田区)の地域再生マネジャー事業の採択を受けた、同市の「高田元気発信プロジェクト」の一環として行っている。高校生は商工会議所関係者や会社員、教員らとともに結成した「まち部。」のメンバー。同部で情報内容を確認した上で、順次同プロジェクトのフェイスブックアカウントに投稿するという。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド