総合

前市長らに返還督促 - 民事訴訟も視野/葛城市 道の駅建設

 葛城市は19日、道の駅「かつらぎ」の建設工事に関する損害賠償で、山下和弥前市長、生野吉秀前副市長らに返還の督促状を発送したと明らかにした。住民監査請求で市監査委員が出した勧告を受けた措置で、督促は18日付。

 返還を求めるのは建物の取り壊し費用約630万円、太田新池線道路改良工事の約370万円、建物移転補償の変更で増額された2500万円。それぞれ年5%の遅延損害金を上乗せし、前市長、副市長の2人と工事業者や社会福祉法人に請求した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カメラムック「花の新しい撮り方」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド