社会

ドローン活用で防災を - 十津川を戦略特区に

更谷村長に提案書を手渡す松本会長ら(右)=18日、十津川村小原の村役場 拡大

 災害時の被害状況の把握や地域の問題の解決にドローンを役立てようと、日本青年会議所近畿地区協議会(松本竜悟会長)は18日、提言書を十津川村に提出した。国家戦略特区として申請し、ドローンを活用した防災体制や物流インフラ構築の可能性を訴えた。

 提言書によると、ドローンの規制緩和を軸とした国家戦略特区の申請▽空のインフラとしての活用▽災害活用を前提とした実証実験の誘致▽ドローン団体との災害協定の締結▽職員のドローン講習ーの5項目を提案。広大な村域、平成23年の紀伊半島大水害では村各地で道路が寸断され住民が孤立したことなどを考慮して十津川を選んだ。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド