社会

「広域化や建て替えも」 - 奈良市クリーンセンター建設問題

ごみ処理施設への対応などを語る仲川市長=16日、奈良市二条大路南1の市役所 拡大

 奈良市自治連合会(大東勲会長)は16日、同市役所で「奈良市のごみ問題を考える市民集会」を開いた。市民や自治会関係者をはじめ、仲川元庸市長や市職員ら約300人が参加。市環境清美工場(同市左京5丁目)の老朽化に伴い、懸案になっている市クリーンセンターの建設問題について議論した。また同連合会が10、11月に公募した建設候補地は「該当する応募結果はなかった」と報告された。

 冒頭、大東会長は「センター建設は一刻の猶予もない状況だが、そのためには地元住民の理解が不可欠」とあいさつ。仲川市長は「予想以上に老朽化が進んでいる。広域化や現地建て替えも視野に入れたい」と述べた。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド