社会

大規模災害から曽爾守る - 村防災センターが完成

大規模災害に備えて完成した曽爾村防災センター=13日、同村今井 拡大
曽爾村に絵画を寄贈した安井さん(左)=13日、同村今井の村防災センター玄関 拡大

 大規模な自然災害の発生に備えて、曽爾村の防災拠点、資機材等備蓄施設「村防災センター」が、同村今井の村役場庁舎横で完成した。完工式が13日、村議や総代会、消防団ら関係者約40人が出席して行われた。

 センターは、老朽化により平成27年度に解体した中央公民館跡地に建設。鉄骨造り2階建てで延べ床面積366平方メートル。1階は災害時の水や食料、生活用品を備蓄する倉庫と、会議室、湯沸室、トイレを配置。2階は災害資機材を保管する倉庫を備える。総事業費は約8740万円。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ワールド・ドリーム・サーカスの鑑賞券

プレゼント写真
提供元:奈良新聞社
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド