総合

強さと品格と 土佐闘犬横綱 - 大和神社、絵馬奉納

絵馬の土佐犬に目を描き入れる塩谷宮司(左)と作者の塩谷さん=13日、天理市新泉町の大和神社 拡大

 天理市新泉町の大和神社(塩谷陸男宮司)に13日、来年のえと「戌(いぬ)」の大型絵馬が奉納された。絵馬は奉告祭を営んだ後、拝殿に飾られた。

 日本画家の塩谷栄一さん(76)=京都市=が制作したもので、6年前から毎年、奉納している。

 絵馬は高さ約1・8メートル、幅約1・6メートル。中央に土佐闘犬の横綱を描き、「不如一忍(一忍にしかず)」の言葉を添えた。

 塩谷さんは「今年、相撲界で起きた問題は、我慢があれば起こらなかった。我慢が足りず、起こる問題も多く、風刺の意味で土佐犬の横綱を描いた。来年はそうした事件が起こらないことを願っている」と話した。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド