総合

縁起物 はや新春ムード - 大神神社

社頭を飾る縁起物の準備をする巫女ら=桜井市三輪の大神神社 拡大

 桜井市三輪の大神神社で、初詣客に授与する来年の干支(えと)「戌(いぬ)」の縁起物づくりがピークを迎え、境内は早くもお正月ムードに。

 拝殿横の勅使殿で作業が行われ、白衣に緋袴(ひばかま)姿の巫女(みこ)が「破魔矢」に絵馬を結びつけたり、一刀彫や陶器の犬の置物を白紙で包み、箱に収める作業を行っている。

 同神社には正月三が日だけで約50万人が訪れる。破魔矢は大小合わせて2万5000本、干支の置物は合計4500体用意する。干支の置物と絵馬は既に今月1日から授与が開始されており、破魔矢は今月15日から授与が始まる。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

コーヒーフレッシュ20袋セット

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド