社会

「強く明るく生きる」 - 口で絵を描く香芝・岸本さん 母校で講演

自作のカレンダーを紹介する岸本さん(奥左)とサポートの内田さん(同右)=6日、香芝市下田西2の下田小 拡大

 交通事故で首から下の自由を失い、口にくわえた絵筆で夢のある絵を描く岸本亜矢子さん(27)=香芝市=が6日、母校である同市下田西2丁目の市立下田小学校(山本敏久校長)のPTA役員研修会で講演した。

 岸本さんは県立高取国際高校2年の秋に事故で頚椎(けいつい)を損傷。当初は現実を受け入れられなかったが、専門的なリハビリ施設に入所し、仲間と厳しい訓練をする中で「強く明るく生きていくための多くの事を学んだ」と振り返った。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド