総合

さらに長期化の様相 - 移転時期決まらず/JR奈良駅南 奈良市区画整理事業

 奈良市がJR奈良駅の南側で進める特定土地区画整理事業(施工面積約14・6ヘクタール)が、当初の平成22年度完成めどをすぎて、なおも進捗(しんちょく)率5割程度(平成28年度末)と大幅な遅れとなっている。区域内では家屋の老朽に加え住民の高齢化も進む。住まいの修繕もできず移転時期も決まらない住民の窮状について同市議会の井上昌弘氏(共産党)が、6日の12月定例会一般質問で取り上げ、市に早期の事業完成を訴えた。

 奈良市大森町、大森西町などが対象のJR奈良駅南特定土地区画整理事業は、総事業費78億7500万円。当初は事業期間を10年として平成13年に事業認可されたが、これまでに2度、事業期間を延伸。昨年度末の進捗状況は、面積ベースで施工済み7・8ヘクタール(53・6%)、事業費ベースで執行済み29億7600万円(37・8%)にとどまることが、6日の一般質問で分かった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド