社会

にぎわう地域の居場所 - 奈良の「たんぽぽの家」/子ども食堂

今年5月に開設した「たんぽぽ子ども食堂」=奈良市六条西3丁目 拡大

 各地で取り組みが進む「子ども食堂」。奈良市六条西3丁目の障害者福祉施設「たんぽぽの家」では、今年5月に開設された同食堂が好評だ。なかなか参加者が集まらない悩みを抱える食堂もある中、同施設では毎回10〜25人ほどが利用。子どもだけでなく、高校生や大人も含めて誰でも集える地域の居場所になっている。

 同施設の子ども食堂は、毎週金曜の午後4時から同8時まで開かれる。「こんにちは」。誰かが来るたびに食堂責任者の家令(かれい)牧さんが笑顔で迎える。近隣の小学生のほか、ボランティアの高校生、子連れの母親の姿も。食事をした後は宿題をしたり、トランプやボードゲームを楽しむ姿も。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド