総合

「西側土地」巡り賛否 - 奈良市新斎苑

 奈良市議会の12月定例会は4日、本会議で5会派が代表質問を行い、来年度予算編成やクリーンセンター建て替え、新斎苑(火葬場)整備事業などについて市の対応をただした。この中で、新斎苑に関しては、基本計画の範囲(約4・9ヘクタール)以外に隣接する西側山林を含めた計11ヘクタールの用地取得を目指す市の計画に対し、質問や意見が相次いだ。

 自民党奈良市議会の太田晃司氏は、市が同定例会に提出した新斎苑関連の補正予算案について、土地取得のうち西側山林は「合併特例債の対象外であり、急いで購入する理由はない」と指摘。「(地元3町に)地域対策協議会設置の動きはあるが、(地域活性化案の)具体的な実施内容、予算もまだ見えていない」などとし、「西側部分に関しては少し拙速でなかったか、疑念が残る」と訴えた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド