総合

宿泊者はバス代0円 - 県南・東部への14路線/1日から冬限定

 県南・東部地域の観光振興で県は、あす1日から同地域の宿泊者を対象に路線バス運賃キャッシュバックキャンペーンを実施する。路線バスを無料で利用してもらうことで、同地域の宿泊者増加を目指す。今年で4回目。来年3月4日まで14のバス路線で実施するほか、十津川村に向かう路線は3月30日まで利用可能となる。

 同キャンペーンは平成27年1月から実施。行きのバスで発行される「乗車証明書」を宿泊施設で提出すると運賃が返金され、帰りのバスのチケットがもらえる仕組み。最大で大人往復の運賃6900円分が無料となる。

 県南部や東部に向かい、十津川村の十津川温泉や天川村の洞川温泉、山添村などにある指定された77の宿泊施設を利用した際に利用できる。

 バス路線は奈良交通の八木新宮線や洞川線、下市天川線などで、乗車バス停は八木駅や五條駅、榛原駅など。ほかに季節限定の霧氷バスも対象になる。

 運賃は往路、復路とも県が全額負担し、往路は宿泊施設、復路は奈良交通に支払う形で精算する。大人片道の運賃は、八木駅―ホテル昴(十津川村)の3450円が最も高いという。

 県によると、同キャンペーンの成果は着実に上がっており、昨年度は延べ1万605人が利用。同課の担当者は「冬のキャンペーンとして定着しつつある。路線バスを活用し、冬に県南東部に宿泊してほしい」と呼び掛ける。問い合わせは同課、電話0742(27)8479。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド