総合

特大、緑の杉玉 - 大神神社

取り換えられた拝殿の大杉玉=13日、桜井市三輪の大神神社 拡大

 きょう14日の「酒まつり(醸造安全祈願祭)」を前に13日、桜井市三輪の大神神社で、拝殿と祈祷殿の大杉玉の取り換えが行われた。

 同神社のご神木が杉のため、杉の葉で作られるようになった杉玉。江戸時代ごろには「三輪の神様」ゆかりの杉の葉を酒屋の店頭に吊(つ)るす風習が広まっていたという。

 この日取り換えられた大杉玉は、酒屋の店頭に吊るされる物より大きく、直径約1・7メートル、重さ約250キロ。今年は例年より一回り大きく、前日までに作られた。1玉作るのに職員が5、6人がかりで丸2日かかった。

 職員がワイヤーで拝殿の天井に吊るし、「志るしの杉玉」と書かれた木札を巫女(みこ)が取り付けた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド