総合

「水準」統一、段階的に - 不足分の支援明記/国民保険料

 平成30年度に国民健康保険事業の運営主体が市町村から都道府県へ移管されるのを受けて、県は13日、市町村で異なる同事業の広域的で効率的な運営の確保と「同じ所得・世帯構成であれば、県内のどこに住んでも保険料水準が同じ」となるように策定する「県国民健康保険運営方針」の素案を明らかにした。近く正式に策定し、年内に公表する。

 国保の運営主体移管に向け、県と市町村の連携が役割を分担、制度設計を練り上げる。運営方針が策定されれば30年4月1日から適用し、毎年度の財政チェックや3年度ごとに必要な見直しなども行う。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド