総合

青い光で啓発 - 14日は世界糖尿病デー

世界糖尿病デーの取り組みで、青い光に彩られた旧駅舎=11日、奈良市三条本町のJR奈良駅前 拡大

 14日の「世界糖尿病デー」を前に11日、奈良市三条本町のJR奈良駅旧駅舎(市総合観光案内所)が、糖尿病啓発のシンボルカラー、青色の光でライトアップされた。

 世界糖尿病デーは同病気の脅威が高まっているとして、国連が平成18年に制定。早期治療の大切さを訴えるため、全国各地の名所でブルーライトアップが取り組まれている。

 県では県糖尿病協会と県糖尿病対策推進会議の共催。日没とともに旧駅舎が青い光に浮かび上がり、観光客らも立ち止まって写真を撮るなどしていた。

 同ライトアップは14日までの毎日、日没から午後10時まで点灯される。県内では吉野町吉野山の金峯山寺でも14日まで行われる。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド