社会

生徒開発商品が好調 - 火を使わず香るアロマキャンドル/奈良情報商業高

開発商品の販売に取り組む(右から)宇治さん、山田さん、露木さん=10日、桜井市河西の奈良情報商業高 拡大

 桜井市河西の県立奈良情報商業高校(中井基雄校長)の生徒が、同校での開発商品「アロマプレート」の販売に取り組んでいる。商品製作や販路拡大にも積極的に挑戦。広告や対面販売といったノウハウについても学びを深めている。

 同校では平成26年度から毎年、生徒が商品開発を実行。学校文化祭や地域イベントなどで販売している。本年度はさらに、委託販売の形で店舗販売にも乗り出した。

 活動の中心メンバーは1年生の宇治花笑さん(15)と山田安香さん(16)、露木姫華さん(16)の3人。同校で平成27年度に開発された「アロマプレート」は、火を使わなくても香るキャンドルで、今回4種類の香りを用意した。商品は3人が放課後、手作りしている。

 委託販売は9月から開始。学校周辺の店舗への売り込みから始まり、現在では道の駅針テラスや喫茶店、マッサージ店など県内13事業所20店舗に商品が並ぶ。これまでの売れ行きは好調で9月は404個、10月は287個を売り上げた。

 3人は10日に行われた文化祭でも対面販売。宇治さんは「自分の薦めで買ってもらえるとうれしい」と笑顔で話した。

 11月からは新たに生徒2人が活動に参加。今後さらに取り組みへの人数を増やし、商品の改良や販路の拡大も図りたい考えだ。

 露木さんは「多くの人に買ってもらえるようにいい商品を作っていきたい」と意欲。山田さんは「貴重な経験。社会に出てからも役立つ」と意気込んでいる。

 価格は1個200円(税込み)。瓶タイプ(ハート形320円、二層式270円)や芳香剤(170円)もある。

 商品などへの問い合わせは同校、電話0744(42)4014。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド