社会

正しい知識と接し方学ぶ - 大淀高で認知症サポーター養成講座

認知症の「なぜ」について話し合う生徒=9日、大淀町下渕の大淀高 拡大

 大淀町は9日、認知症患者の支援を考えるきっかけにしてもらおうと、県立大淀高校の生徒を対象にした「認知症サポーター養成講座」を、同町下渕の同校で開いた。看護・医療コースの1、3年生41人が参加。患者らへの支援のあり方を学んだ。

 認知症の基礎的知識を身に付ける同講座は、今年7月末までに町人口の約2・2%の約390人が受講。正しい知識を早い段階で伝えるために、初めて高校生対象に開いた。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド