総合

快適な働き方検討 - 県が「女性活躍推進倶楽部」

 県は、女性の活躍を推進するための新組織「なら女性活躍推進倶楽部」(会長・荒井正吾知事)を発足させる。対象は県内企業や事業所など。経営戦略として女性職員の人材確保や定着を進めて意識改革を最優先に取り組む。女性は育児や家事、介護と仕事の両立は切実な問題だ。実際に働く女性の視点でより快適な働き方を検討し、発信していく。来月19日に奈良市内で設立総会を開く。

 平成27年国勢調査の結果を基にまとめた県の「就業状態等基本集計結果」では、県は20~60歳の女性就業率は62・8%(全国平均69・2%)と全国最下位。県内の企業や事業者数の少なさが理由とみられる。ただ、女性就業率の過去5年間の伸び率は6・3ポイント(全国平均4・8ポイント)と全国1位に。県が実施した「女性の就業等意識調査結果」によると、専業主婦ではあるものの働く意欲を持っている回答者は約8割にも上るため、県は県内20~64歳の女性約6万8400人が就業を希望していると推計。女性の労働力率を伸ばす環境整備が急務となっていた。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド